全国各地には、自治体や民間企業による水を使った施設を設けている場所は多数あります。特に夏の季節ではお子さんが水遊びを行える深さがあまり無い遊戯設備や、人工的な施設を開放している場所もあり、実際に水の中に人が入れる設備、暑さを凌ぐために噴水の近くで休憩をするような場所も全国に存在しています。この設備の場合で、尚且つ人が水に触れることができるように施している場所では、衛生管理をきちんと行わないと水は腐食をしてしまいます。特にお子さんが遊べる設備の中には、口の中に水が入ってしまう可能性もあるので注意が必要です。

常に清潔で衛生管理が行き届いた水の設備に対しては、高性能なろ過器の導入は推奨できます。施設で使っている水の量により違いはありますが、大型タイプのろ過器であれば水を循環させる際に、機器に備わっているフィルターを通して浄化した水を流し込むことができるので、安全対策をしっかりと行えます。ろ過器自体は珍しいものではありませんが、公共の場などでは人の皮膚片や髪の毛の他、汚れが溜まってしまうことが多いので、高性能、高機能な機種を導入することには食中毒の問題や、異臭の問題、水の透明度など全てを綺麗にすることができるので、常にろ過器で循環させることは最低限必要です。優れた性能を発揮するろ過機の場合は、設置場所から循環システムの構築までメーカーが担当しているので手間は掛かりません。

ただし、多くの機種はフィルターには寿命というものがあり、定期的にフィルター交換をすることは欠かせません。逆に考えるとフィルター交換さえ適切に行えば、長期間使用できるものなので衛生問題はランニングコストは低い傾向にあることも利点です。ろ過器のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です