日本の水道水は高い水準で質が保たれているので、そのまま生活水として使用する事も可能です。水道水は塩素で消毒されているので、水道水の中に塩素が残留しています。残留塩素は人体に悪影響を及ぼすような濃度ではないですが、含まれている事でカルキ臭の原因にもなっています。塩素以外にもトリハロメタンと呼ばれる発がん性があるとされる物質も微量ながら、含みます。

含まれている量は当然人の体に影響しない量ですが、取り除くことができるならば、取り除いた方が安全性が高まります。ろ過器は水をろ過して質を高める事ができるもので、水道水をろ過器に通すだけで飲み水や料理に使う水の質が向上します。野菜などの食材を洗う時も水道水を使いますが、水に含まれる塩素がビタミンなどの栄養素を減退させてしまいます。これもろ過した水を使えば食材の状態を維持できるので、大きなメリットです。

洗濯に使う水も塩素が含まれていると洗い終わりが固くなったり、色落ちが早くなります。これもろ過した水を使う事で、水道水をそのまま使う時よりも緩和する事が可能です。風呂に使う水も多くの人が水道水で問題ないですが、肌の弱い人だと肌荒れやアトピーなどの原因になる事もあります。ろ過器でろ過した水を使う事で、肌の問題も改善する見込みが出てきます。

ろ過器にはコストが低く簡易的なものから、コストがかかって設置作業まで必要なものもあります。コストや手間がかかるろ過器は負担が大きいですが、効果は高い傾向です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です