ろ過器は水をろ過して水の質を向上させる事ができます。ろ過した水を飲み水や生活水に使用する事で、生活水の質を上げられます。日本の水道水は高い水準で質が保たれているので、そのままで充分利用できます。ただし消毒時に塩素を使うので、水の中にわずかに塩素が残ります。

ろ過器を使う事でわずかに残った不純物も取り除けるので、よりいい質の水を確保できます。ろ過器には様々な種類がありますが、主なものを挙げると蛇口直結型やポット型や据え置き型やビルトイン型があります。一番手軽に導入できるのはポット型で水差しの形状をしたもので、上部のカートリッジに水道水を通す事で不純物を取り除けます。ろ過効果はそれほど高いとは言えませんが、手軽に使えるというのは特徴です。

蛇口直結型も比較的手軽に導入できて、場所も取らないのでキッチン周りで使うのには最適です。ただし持ち運んだりできないので、使える場所は限定されます。据え置き型は水道水を直接引き込んでろ過するタイプである程度場所を取りますが、ポット型や蛇口に直結するタイプと比べるとろ過する効果がかなり高いです。それぞれかかるコストも違いますし、ろ過の能力や必要になるスペースも違います。

ろ過器を使用したいという人も飲み水だけで良いという人もいれば、飲み水から洗濯や風呂に使う水まで全てろ過したいという人もいます。そのため自分の希望に合わせてろ過器の種類を選んで導入すると良です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です