工場の中で使った水、これには有害な物質が含まれてる場合には必ずろ過装置を使い物質の除去か求められますが、基本的に工場で利用した水は、基準を満たしていなければ河川にそのまま流すことはできません。これは河川などを含め環境保全では欠かすことができないもの、ろ過器がその問題を解決してくれます。身近なろ過器の中には、水道水をおいしくする浄水器、熱帯魚や海水魚などの飼育をしている場合は水槽用フィルターなどがあるのではないでしょうか。いずれもフィルターが内部にあり、そのフィルターの目の大きさで処理能力が変わるのが特徴です。

水道水には様々な不純物が含まれている、パイプ内部を通るので錆や殺菌消毒を行うために利用した塩素、その他ゴミなどが含まれる可能性もあります。これらは浄水器内にあるフィルターの目で通さない仕組みになっているので、不純物を取り除いて安心して飲める水を給水できるわけです。水槽の場合は浄水器とは異なり、水槽内の水質維持の目的で利用されるろ過器ですからフィルターの目はそれほど細かくはありません。ちなみに、浄水器の中にはRO膜と呼ぶ特殊なフィルターを使っている製品もありますが、RO膜とは逆浸透膜と呼ばれるもので水中の不純物を限りなく取り除くことができる純度の高い水を生成できるろ過器ともいえるものです。

ミネラル成分なども除去できるため赤ちゃんのミルクを作るときにも良いとされますが、生産水に対して約2倍の捨て水が必要といわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です