水中の汚濁物質を、細かい孔が空いたろ過材に通して水中から分離する事をろ過と言います。ろ過材を通した水は、不純物が含まれておらず、きれいな状態になります。その為に、ろ過材を搭載した装置がろ過器で、私達の生活に身近な場面でも使用される事が多く欠かせないです。例えばプールや水族館、温泉施設やスポーツクラブ、浄水場などでろ過した水が使われています。

プールの水は常に循環していて、ろ過により不純物が取り除かれきれいな状態を保っています。水族館の水は、ろ過してから生き物の生活に合わせて温度調整をして使用します。私達の日常生活に必要でとても大切な水道の水は、川の水や雨水がダムに溜まり浄水場でろ過され、きれいな状態になり送られて来ます。一般的に良く行われる方法とろ過器にはいくつか種類があります。

緩速ろ過器は何層にもなる砂利をろ材としして用いる方法で、異物が取り除かれるのに加え、海藻の微生物の働きにより菌類も除去するので薬品を使用する必要がありません。マルチサイクロンは遠心力で不純物を分離する方法で、下に溜まった汚れをドレンバルブを開いて排出します。メンテナンスが要らず扱いやすいです。グラスパールフィルターは、ガラス製のろ材を使用する高性能なろ過器で、ろ過内部の汚れを排出できるので従来の物よりきれいな状態を保てますし、ろ材の交換頻度も低く、ろ過能力も上がっています。

この様に私達が日常使用する水も、様々な工夫をされたろ過器のおかげで安心して使用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です