排熱利用は工場などで設備や機械を稼働させたときに生じる余分な熱を吸収して再び利用することです。工場などで設備や機械を稼働させるには大きなエネルギーが必要になりますが、全てが動力として利用されるわけではありません。一部は熱となって失われるので、ヒートポンプなどを使い回収して排熱利用すればエネルギー効率を高めることができます。大きなエネルギーを発生させるためには石油などの化石燃料を燃やさなければならず、地球温暖化の原因となる二酸化炭素が大量に生じます。

排熱利用によって捨てられていたエネルギーを活用すれば、化石燃料を節約でき二酸化炭素の排出量も減らせます。様々な場所で発生した余分な熱を回収する方法には、ヒートポンプ方式と全熱交換器方式があります。前者は低温の空気などから熱を集め高温にして取り出す技術でエアコンや冷蔵庫、冷凍庫や洗濯乾燥機など様々な場所で利用されています。全熱交換方式は空調によって失われる温度と湿度を交換・回収するシステムで、熱だけを交換するヒートポンプ方式よりも省エネルギー効果が高いという特徴が存在します。

工場やゴミの焼却場では中・高温の排ガスや蒸気、排湯を空調や給湯に利用しています。温泉施設では排湯を給湯や冷暖房、床暖房や浴槽の昇温などの熱源として利用するケースが多く見られます。身近な例では自動販売機内において冷却時に生じる熱が飲み物を温めるために利用されたり、自動車のエンジンで生じる排熱が暖房に活用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です