熱交換器とはその名前のとおりですが、二種類の物質の間で熱のやり取りをするための機器のことです。熱は熱いものから冷たいものに移る性質を持っていることは言うまでもなく、このため、熱交換器を利用することで熱いものは次第に冷めますし、冷たいものは次第に熱くなるわけです。時間を十分にかければ、最終的には両者の温度は同じになってそれ以上の熱の移動はなくなります。ただし、熱の移動は、両者の温度差が小さくなればなるほどゆっくりになりますから、実用的な意味では、両者の温度が完全に同じになるまで待つことは時間的なロスが大きく、そこまで待つことなくある程度の熱交換ができた時点で終わりとすることが普通です。

熱交換器という機器を考えた場合、二種類の物質は液体又は気体となるのが基本です。液体や気体であればポンプを利用して流すことができ、流れている間に熱交換を行うことができますが、固体の場合はこのようなわけにはいきません。また、これも一般論として、気体は熱容量が小さいですから、あえてこのような機器を使うだけの価値が低い場合が多いです。結果的に、液体が対象となることが多く、何か温度の高い液体から、温度の低い液体に対して熱を移すために用いられることが多くなるわけです。

機器そのものの仕組みは比較的単純で、要するに薄い壁を隔てて二つの液体が隣り合うようにするだけで、それ以外には特別な装置など一切必要とすることなく自動的に進行します。熱交換器のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です