プレート式熱交換器は軽量でコンパクトなだけでなく、熱交換の効率が非常に優れているという特徴があります。このタイプの熱交換器は伝熱部に複雑な形状の薄板を使っており、伝熱係数が高くわずかな温度差も最大限に活用可能です。また伝熱プレートを積層する構造になっているため、任意に枚数を増減して伝熱面積を変更できます。さらにこのタイプは乱流効果が得られるため、汚れが付着しにくいというメリットもあります。

プレート式の熱交換器にはブレージングプレート式とガスケットプレート式の2種類が存在します。いずれも積層した伝熱プレート間に高温と低温の流体を交互に流し、熱交換を行うという構造は同じです。前者は耐圧性能と熱交換効率が優れており、サイズが小さく低コストというメリットがありますが分解できません。後者は多少サイズが大きく広い設置スペースが必要になるものの、全体を分解できるためメンテナンス性が優れています。

水を流体として使用する熱交換器は、内部で水中の無機塩類がスケールとなって析出し性能低下や故障の原因となります。トラブルを避けるためには定期的なメンテナンスによってスケールを除去しなければなりません。ガスケットプレート式は高い熱交換効率と優れたメンテナンス性を両立しています。両面を固定プレートで挟みボルトで押さえる構造になっているので、簡単にプレートを追加して冷却性能を増強できるというメリットもあります。

設置スペースを確保できメンテナンス性を重視する場合には、ガスケットプレート式を導入するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です