熱交換器とは、基本的には何か温度の高い液体から温度の低い別の液体に対して熱を移動させるための装置を指します。用途はいろいろ考えられますが、分かりやすいものは省エネルギー、リサイクルなどの観点です。例えば何かの工場において、不純物の混じった排水があり、これは基本的には捨ててしまうしかないとします。ですが温度は高いものであったとしますと、熱はエネルギーの一種ですから、いくら排水としては他に使い道のないものであっても、せめてその熱だけは何とか有効利用できないかと考えることになります。

このようなシーンで熱交換器の出番となるわけで、例えば冷たい水道水を温めるために使うことができるわけです。もちろん、熱交換器を使って水道水を温めても、その温水に使い道がなければあまり意味はありません。言い換えれば、このような装置がもしなかったとすれば、ガスや電気を使って温水を作っていたというような場合にこそ、熱交換器を導入する価値があることになります。例えばその工場では何らかの反応のために水道水ではなく、ある程度の温水が必要というケースでは間違いなく有用でしょう。

それ以外にも、例えば工場内の従業員が手洗いのために温水を使っているとか、食堂でお湯が必要という場合であっても価値を有することになります。もし熱交換器を使っていなければ、水を温めるためにガスや電気を使うことになったはずですから、その分だけ省エネルギーになるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です