熱交換器は高温の流体から低温の流体へと熱を移動させる装置ですが、様々なタイプが存在します。例えば空冷式はフィンとチューブで構成されており、冷却する液体チューブ内に流してファンで送風します。液体と空気の温度差によって冷却する構造になっていて、周囲の空気と電源以外にインフラを必要としません。このタイプの熱交換器はランニングコストやメンテナンスコストが安く、環境にも優しいというメリットがあります。

設置場所を比較的自由に選ぶことができ屋外でも利用できます。ただし機器自体が大きく、周囲の空気と液体の温度差が小さいと冷却効率が低下し気温以下への冷却ができないというデメリットも存在します。プレート式熱交換器にはブレージングプレート式とガスケットプレート式の2種類があり、いずれも伝熱係数が高く熱交換効率が優れています。わずかな温度差も最大限に活用でき、高温側の入口温度と低温側の出口温度を1度差まで接近させることが可能です。

プレート式は伝熱プレートが重ね、高温と低温の流体が交互に流れて熱交換を行う構造になっています。軽量かつコンパクトなだけでなく、乱流効果によってプレート表面に汚れが付着しにくいというメリットも存在します。ブレージングプレート式は耐圧性能が高く低コストですが、分解できないためメンテナンスが困難です。ガスケットプレート式は多少大型で広い設置スペースが必要になるものの、分解可能でメンテナンスも容易に行なえます。

熱交換器には様々なタイプがあるので、メリットとデメリットを比較検討して条件に合ったものを選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です