調理場や油を利用する設備の清掃には、アルカリ洗浄液を使用することで汚れをきれいに落とすことが可能です。油汚れだけではなくたんぱく質に由来する汚れにも効果を発揮するのが大きな特徴で、特に中性洗剤などよりも強力で簡単に取れるというてんも支持されています。家庭用よりも業務用のほうがアルカリ性が強めであることが多く、その分取り扱いには注意が必要です。食品を取り扱う調理場や、金属加工などを行う工場設備などでもその汚れ方は違うためその場所に応じた製品を選ぶと良いでしょう。

またアルカリ洗浄液は万能化というとそうでもなく、水垢であったり尿石などには効果が低いため通常の中性洗剤や酸性洗剤などのほうが良いという結果もありえます。アルカリ洗浄液を使う際の注意点として、まさしくアルカリ性であることがあげられます。人の皮膚はたんぱく質でできているため、素手で触れると皮膚を傷めてしまうのです。業務用は特にアルカリ性が高いため、ゴム手袋などでしっかりと防御して取り扱うようにしましょう。

洗浄した後の廃液も環境に悪影響があるため、利用を制限していることがあります。廃液の処分方法も十分に確認したうえで利用することで、適切に効果的に汚れを落としながら配慮することができるのです。一般的に廃液は産業廃棄物としての処理が必要で、重金属や有機化合物を含む場合は特別産業廃棄物となる場合もあります。このように利用には専門的な知識が必要なので、十分確認しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です