アルカリ洗浄液は油やタンパク質を効果的に除去できますが、劇物に該当する場合もあるので慎重に扱わなければなりません。液体の性質は0から14までのpHという数値で表されており、pHが8より大きく11以下だと弱アルカリ性です。例えば重曹は自然由来の成分で作られていて肌に触れても安全な素材ですが、水と混ぜた場合にはpH8.2と弱アルカリ性になります。キッチンや壁、家具などに付着した油やタンパク質に汚れを効果的に除去できます。

重曹水は弱アルカリ性で直接的に触れても問題ないものの、弱アルカリ性なので洗浄力はそれほど強くありません。一般家庭で普段の掃除に使う程度であれば重曹水でも十分に対応できます。ただし重曹水もアルカリ性でアルミニウムを腐食させるので注意してください。工場などで発生する油汚れやタンパク質汚れを除去するためには、より強い性質のアルカリ洗浄液が必要になります。

アルカリ性が強くなるほど洗浄力も増しますが、危険性やアルミニウムを腐食させるというデメリットも強くなってしまいます。安全かつ迅速に油やタンパク質を除去したいのであれば、適切な性質の洗浄液を選ぶことが大切です。また実際に洗浄を行う場合には、手肌を傷めたりアルミ製品を破損・故障させることのないよう濃度に気を付けなければなりません。市販されているアルカリ洗浄液の中には強アルカリ性で優れた洗浄力を備える一方で、手肌を傷めたりアルミニウムを腐食させることがないものも存在します。

より強力な洗浄液が必要な場合には、安全性を両立したタイプを選べば安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です