法律で困ったらまず弁護士に無料相談

by:

士業相続遺産

人は生きていく上で様々な法に支えられ、又、法に制約されます。日本国憲法には法の下の平等という観念があり、国民1人1人が国家との法的権利・義務の関係において等しく扱われなければならないと定められています。従って人は胎児の時から法律の下で生きているのです。しかし、法律は身近な法以外は専門的に勉強でもしない限りなかなか覚える機会もなく、その場その場で対応に苦しみます。

そんな時、法律の専門家である弁護士に相談できたら心強いでしょう。法人から個人の権利関係に長けた弁護士はまさに法律のスペシャリスト。しかし、必ずといっても付いてくるのが費用です。貴重な時間を割くわけですのですので、無料相談は弁護士にとってメリットは無いように思えます。

しかし、今ではほとんどの事務所で無料相談という文字を見ることがあります。理由としては、用もないのに相談には行かないでしょう。相談の際、ほとんどの依頼者が選択するのは見積もり金額の同業他社との差額より、単に依頼するかしないかです。従って他社に流れるということはほとんど無く、無料相談ということで門戸を開いておくと、弁護士事務所にとって、非常にメリットになると言えます。

相談の方法も多岐にわたり、直接相談に伺う方法や、電話、メールなどを用いた方法も今や主流になってきています。電話やメールに関しても無料相談を採用している事務所は多く、もし法律に関してお困りの際は1人で悩まず、まずお近くの弁護士に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です