> あなたの肌のポツポツはムダ毛処理が原因?毛嚢炎に気をつけよう

あなたの肌のポツポツはムダ毛処理が原因?毛嚢炎に気をつけよう

自己処理脱毛は肌トラブルの原因に

ムダ毛の自己処理脱毛は女性なら誰しも経験があることだと思いますが、実は、ムダ毛の処理は、肌へのダメージが大きく、処置を間違えると、肌トラブルのリスクがぐんと上がります。ここでは、それら自己処理脱毛の正しい方法と、処理後に欠かせないお肌のケアなどについて紹介していきます。

正しい脱毛のポイント

自己処理脱毛では、剃り残しや、剃り跡が気になってついつい無理に深剃りしたり、毛抜きで一本一本抜いたりと徹底的に処理してしまいますが、無理な脱毛は、お肌により大きなダメージを与えてしまいます。けれども、処理を甘くするわけにもいきません。正しいカミソリでの脱毛のポイントとしては、主に次の3点に注意しましょう。
1剃る前にお風呂に入って毛を柔らかくする
2正しい剃り方で剃る
3剃った後は肌を冷やし、ボディークリームなどで保湿する
正しいムダ毛の剃り方は、まず、以下の無理な剃り方をしないよう注意してください。
・空剃り:クリームなどをつけずに直にカミソリを当てて剃ること
・ いきなりの逆剃り:長い毛を剃る場合にいきなり逆方向に剃ること
・深剃り:カミソリを肌に強く押し当てて剃ること
・何度も繰り返し剃る:2回ほどで終わらせたい剃毛を何度も繰り返すこと
正しい剃り方の手順は以下の通りです。
1クリームを塗る
2毛の方向に沿ってカミソリで剃る
32とは逆方向に剃る方向に肌を引っ張りながら剃る
4クリームを拭き取り、剃り残しがあれば、その部分にだけクリームを塗り、剃る
5冷たいタオルで毛を剃った部分を冷やす

そのほかの注意点は清潔なカミソリを使い、3枚刃、4枚刃など、なるべく刃の多いカミソリを使いましょう。刃が多ければ多いほど、肌にかかる圧力を分散できるので、肌に優しいです。カミソリは、清潔に湿気の少ない場所で乾燥させて保管しましょう。使い捨てのものは、一回でなるべく捨てて、清潔なものを使うように心がけましょう。

綺麗に処理をしたいけどやりすぎは禁物

正しい処置をしていても、自己処理脱毛は、肌トラブルの原因です。
毎日の処理は避けましょう。また、ケアが万全でも、肌の角質は、剃毛で剥がされ乾燥肌になりがちです。肌へのダメージによっては、炎症も起こすことも多く、カミソリが不衛生である場合、切れ味が悪い場合は特に、毛嚢炎などに見まわれます。毛嚢炎は、剃毛で炎症を皮膚の細かい傷口から細菌が入ることで、ニキビのようなブツブツができる症状で、こういった症状が続くと色素沈着という肌の黒ずみにも発展していきます。自己処理脱毛はほどほどにして、本格的な脱毛は、医療レーザー脱毛で行うようにしましょう。医療レーザー脱毛では、自己処理脱毛よりも肌へのリスクも少なく、施述が完了した肌は、剃り跡の黒いブツブツも解消されるので、スベスベで白く綺麗な美肌が手に入ります。この機会に是非、自己処理脱毛から医療脱毛に切り替えましょう。