> ムダ毛対策は生活改善から!毛深さと食事の関係

ムダ毛対策は生活改善から!毛深さと食事の関係

ムダ毛対策で考える事

最近では、女性だけでなく男性も意識している”ムダ毛処理”。そもそも「ムダ毛とは何か?」と考えると、体毛が生える箇所は外的刺激(紫外線)・熱などから体を守る目的があり、機能的に重要な箇所や外的刺激に弱いデリケートな箇所に生えます。
しかし、人類は衣服を手に入れてから必ずしも重要では無くなりました。そのため存在意義を無くした毛が”ムダ毛”となりました。
ムダ毛は先に述べた通り『機能的に重要な箇所や外的刺激に弱いデリケートな箇所』に多く集中しています。誤った処理をすると肌荒れ・アトピーなど皮膚病の原因にも繋がりますので、デリケートゾーンなどは脱毛エステ・サロンなどプロに相談することをお勧めします。

生活改善からのムダ毛対策

一般的には男性の体毛は濃く、女性の体毛は薄いと言われています。これは体内で分泌される男性ホルモンに関係します。男性ホルモンは体毛を濃く育たせる作用があり、男性はこれを多く分泌しています。女性は女性ホルモンを多く分泌しているので、男性ホルモンを抑制して体毛への影響が少ない状態を保っています。
しかし、近年では不規則な生活の影響からホルモンバランスが崩れ女性でも男性ホルモンが多く分泌されて腕・足・顔(髭)などの体毛が濃くなる人が増えています。腕・足・顔はデリケートゾーンとは違い個人でも脱毛できる機器や薬品が多く出ていますが、根本的な解決にはなりません。

ホルモンバランスを崩す主な原因は、主に3つ。1つ目は就寝時間です。早寝早起きを心がけて、遅くても夜22時前には就寝しましょう。夜間の睡眠中にホルモンの分泌作用が働きますので、それを阻害しないために夜はしっかり寝ましょう。次の原因は食事です。肉類や香味野菜などを取り過ぎると男性ホルモンの生成を助けたり、効果促進の手助けをしたりしますので、注意が必要です。
最後はストレスです。ストレスは女性ホルモンの分泌を低下させます。また、ニコチンの摂取は男性ホルモンの分泌に作用します。ストレスを感じタバコを吸うと更に体毛への影響が促進されますので、お気を付け下さい。

体毛が濃く悩んでいる方は、早寝早起き・リラックスを心がけて、女性ホルモンが増える食事をしっかり摂取して下さい。

食生活から見直す体毛改善

肉類、たまねぎ・にんにく・ねぎなどの香料野菜。また亜鉛を多く含む牡蠣などを多く摂取すると男性ホルモンが活発化して、女性ホルモンが弱くなってしまいます。男性ホルモンに気を付けると共に、女性ホルモンを活性かする食事を多く取りましょう。
女性ホルモンを増やすためには、”ビタミンE”、”コレステロール”、”イソフラボン”、”キャベツ”、”ナッツ類”の5つの要素が必要です。キャベツやかぼちゃなどの緑黄色野菜、大豆・ナッツ中心の豆類、卵を使った料理が効果があります。

お肉中心とした食生活をやめ、野菜中心の食生活へシフトして下さい。