> 埋没毛は安全で確実なレーザー脱毛で直そう

埋没毛は安全で確実なレーザー脱毛で直そう

埋没毛ってなに?

埋没毛とは読んで字のごとく、皮膚の中で毛が成長してしまう状態を指します。埋没毛になる主な原因はカミソリや毛抜きで自己処理です。ムダ毛の処理中に毛穴を傷付けると瘡蓋ができ、角質に埋もれて毛穴が閉じてしまいます。毛穴が閉まっても毛根が生きていれば毛は成長を続けるので、皮膚の下で伸び続けます。埋没毛は見た目の問題もありますが、毛穴を傷付けたときに炎症を起こしバイ菌ごと蓋をすると更に皮膚の下で症状が悪化します。傷やしみなどにも繋がります。
埋没毛になると気になって皮膚を傷付け中の毛を取り出そうとしますが、更に傷や汚れを残す原因になりますので、必ず自己で処理をしようとせず皮膚科医に相談しましょう。

埋没毛にレーザー脱毛はいいの?

埋没毛を調べるとWEB上では「埋没毛はレーザー脱毛ができない」や「埋没毛が有るとレーザー脱毛を断られる」などよく目にしますが、中には「埋没毛にはレーザーで治療できる」なども見かけます。これはどちらが正しいのでしょうか?正解は両方正しいのです。脱毛レーザーには大きく2種類あります。1つが医療機関が使用する『医療レーザー脱毛』ともう1つがエステサロンで使用されて『レーザー脱毛』の2つ。大きな違いはレーザー自体ではなく、医療機関であることが重要になります。ここで豆知識、医療機関はトラブルが発生しても適切な処置が可能なので、高出力のレーザーの使用が許可されています。エステサロンは脱毛処理のみですので、低出力のレーザーしか許可されていません。
埋没毛は一種の皮膚病ですので、ちゃんとした医療機関に治療を受けなければなりません。

埋没毛の治療は医療機関で受けましょう

埋没毛の治療方法はレーザー治療の他は、『何もしない』です。埋没毛の大本は毛穴を塞いだ角質です。ほって置くと新陳代謝で整然に角質が剥がれていきます。また、皮膚の下で伸びた毛は自然と体に吸収されます。皮膚へのリスクが一番少ない方法ですが、新陳代謝は個人差がありますので、時間が掛かります。次は尿素配合のクリームで余分な角質を剥がれやすくする方法もあります。ただしこの方法は正常な皮膚に使用すると肌を弱くするので、他の外的刺激に弱くなります。治療箇所に注意して行う必要があります。
レーザーにしても、尿素配合クリームにしてもクリニックなどの医療機関で正しい診断を受け治療を行って下さい。埋没毛は皮膚病の1つですので、正しい治療を受けましょう。