> 失敗しないVIOラインのシェービング~全身脱毛のための自己処理方法~

失敗しないVIOラインのシェービング~全身脱毛のための自己処理方法~

Vライン脱毛の自己処理の方法

自分でデリケートゾーンを処理する場合、まず処理に必要な物を準備することから始めましょう。まず準備する物は「ハサミ」、「顔用電動シェーバー」「手鏡」そして「大きな鏡」になります。
ハサミは細かな作業がしやすい眉バサミや先が丸い方を使いましょう。
まずVラインの脱毛処理の方法を説明します。
始めにハサミでアンダーヘアのムダ毛を短く切りましょう。ハサミで短く切らずに電動シェーバーを使うと毛が絡まり思うように脱毛ができません。
短く切ったら鏡で一度立ちあがり左右のバランスが合っているか確認してください。
次は電動シェーバーを使います。ここでは上から下に剃ることを意識しましょう。下から上に向かって剃ると炎症を起こることがあります。なので毛の流れに合わせ肌を引っ張りながら丁寧に上から下に剃るよう心がけてください。

Iライン脱毛の自己処理の方法

IラインもVライン同様準備する物が同じです。最初の工程もVライン同様まずハサミでアンダーヘアのムダ毛を短く切りましょう。短く切ったら電動シェーバーを使って剃っていきます。見にくい場所なので鏡を位置を確認しながら丁寧に剃ってください。Vライン同様に肌を引っ張りながら剃ると丁寧に剃れます。
Iラインはデリケートゾーンなので内側から外側に剃るよう心がけてください。
Iラインは黒ずみしやすい部分なので他のと比べ効果が出るのに少し時間がかかります。自分でIラインを処理できますが一番のデリケートゾーンなので無理に自己処理すると黒ずみが進行し理想のIラインになりません。なのでIラインはサロンなどで処理することをお勧めします。

Oライン脱毛の自己処理の方法

最後はOラインの自己処理方法を説明します。
Oラインは基本見えない部分なのでエステなので頼む方がほとんどだと思いますが自分で処理することも可能です。Oラインの処理は肛門の周りの毛なので鏡を使ってから処理しましょう。
まず他のデリケートゾーン同様、ハサミで短くOラインのムダ毛を切ります。Oラインは他のデリケートゾーンと違い鏡を使わないと見えない位置にあります。ここでは鏡を見ながらお尻の曲線にそって外側から内側へと電動シェーバーを使って丁寧に剃ってください。鏡を下におきしゃがみながら剃ると剃りやすいです。