> 毛周期と脱毛の関係性について

毛周期と脱毛の関係性について

毛周期には4段階あります

みなさんは毛周期という言葉を耳にしたことがありますか。ここでは毛周期についてお話します。毛周期には休止期、成長初期、成長期、退行期と4段階あります。
まずは「休止期」について説明していきます。休止期とは毛の細胞が活動を停止しており、毛穴に毛がない状態のことです。「成長初期」とは細胞が活動し皮膚の下に毛が生えてる状態のことです。「成長期」とは細胞が活発になり肌の表面に毛が生えている状態のことです。最後は退行期です。「退行期」とは細胞が活動をやめ成長が止まります。これにより毛が抜けやすくなります。
この4段階の流れを繰り返しサイクルします。

部位によって毛周期の長さや寿命が違う?

毛が生えている部位によって毛周期の期間が異なります。一番毛周期が長いのが頭髪です。
頭髪は一週間に2ミリから3ミリ伸び2年から6年で抜けていきます。実は頭髪は1日30本近く自然に抜けていくと言われています。
眉毛やまつ毛は個人差がありますが平均約0.18ミリ伸び半年から2年で抜けやすくなるといわれます。ワキ毛は頭髪と同じく1週間に2ミリから3ミリのスピードで伸びます。
腕と足は他の部位と比べ毛が生えてから抜けるまでの期間が長く皮膚の表面から毛が生えてから約半年から3年の期間で抜けやすくなります。そしてデリケートゾーンですがここはワキ毛と同じスピードで生え1年から2年の間に抜けやすくなります。

どのタイミングで脱毛するのがベスト?

毛周期を無視して脱毛を行うのはオススメしません。もっとも良いタイミングで脱毛をするのなら成長期が一番です。この期間に脱毛すると一番変化に気づきやすく脱毛の効果が実感されます。その理由は一番肌の表面に毛が生えている状態なのでレーザー脱毛や光脱毛が毛に反応しやすいからです。逆に休止期や退行期などは毛があまり生えていない状態なので脱毛してもあまり効果が得られません。
つるつるの肌に憧れるのなら毛周期を把握し施術を行ってください。短期間で毛周期を無視してレーザー脱毛行うと肌に負担がかかるため乾燥やけどなどの恐れがあります。なので毛周期を把握し脱毛するよう心がけることが大切です。
施術を行うのなら初めの成長期にレーザー脱毛をし2回目に成長期が来るタイミングまで待ってから2回目の施術を行ってください。
3回から5回ぐらい施術を行うとつるつるの肌に生まれ変わります。