> 気をつけよう! 間違いだらけの「ムダ毛処理」

気をつけよう! 間違いだらけの「ムダ毛処理」

カミソリの間違った使い方

みなさんは普段どのようにカミソリを使っていますか。ここでは間違ったカミソリの使い方などを紹介します。
まずムダ毛を処理する時、毛の流れに逆らって剃っていませんか? 実はこれ、間違ったムダ毛処理の方法なのです。
逆剃りは肌にとても負担をかけます。肌が弱い方は肌トラブルの原因にも繋がるので決してやらないで下さい。逆剃りをすると角質が取れ肌のバリアが衰えます。肌のバリアが衰えるとバイ菌が入り炎症を起こしたりします。
もし肌に傷や出血など気になるようなら消毒して肌を守りましょう。
またお風呂場にカミソリを置きっぱなしにするのもNG行為です。お風呂は湿気が多く菌が発生しやすい場所でもあります。
剃り傷から菌が入る可能も極めて高いので
使う前にカミソリをしっかり洗って乾燥してから使うようにしましょう。

毛を抜く行為は間違ったムダ毛処理

タイトルどおり毛を抜くのは肌にとても負担がかかり肌トラブル(炎症や埋没毛)の原因にも繋がるので決してやらないで下さい。
毛を抜くのは肌の一部を無理やり抜くので毛穴がブツブツになったり抜いた場所が赤くなったりします。何度も繰り返すと色素沈着の原因にもつながります。色素沈着になってしまうと治すのにとても時間がかかるので避けてください。
オススメとしては電動シェーバーを使って剃ることです。電動シェーバーはいちいち痛い思いをして一本一本抜いたりする必要もないし肌に負担もかかりません。

体調が悪い時や風呂場での間違ったムダ毛処理

体調が悪い時や生理前のムダ毛処理はNG行為です。体調が悪い時にムダ毛処理をすると肌の治癒能力が低下している為、肌に傷が出来てしまったら治りにくくなる可能性があります。睡眠不足などのムダ毛処理もNGです。
またみなさんはどのタイミングでムダ毛処理を行っていますか。ほとんどの方は手間も省ぐために入浴時にムダ毛処理を行っていると思われます。入浴時にムダ毛処理をすると皮膚の角質が取れさらに石鹸などで体を洗えば余計に皮膚の角質が取れやすく、肌の負担にも繋がります。もし入浴時にムダ毛処理したいのであれば体を清潔にした後でムダ毛処理をしましょう。
キレイな肌を保つために毎日ムダ毛処理をするといった行為もNGです。できれば3日に1回のペースに抑えて脱毛処理を行ってください。