> 医療レーザー脱毛をする前に知っておきたいリスクについて

医療レーザー脱毛をする前に知っておきたいリスクについて

医療脱毛をする前に知っておきたいリスクについて

クリニックで行われる医療レーザー脱毛は光脱毛に比べ効果は高く、人気の脱毛方法です。
ですが、医療レーザー脱毛にもリスクはあります。
今回は施術する前に知っておきたいリスクについてみていきましょう。

■医療レーザー脱毛をする前に知っておきたいリスク■

高い脱毛効果を実感できるのがこの医療脱毛です。
ですが、効果が高い分、レーザーの照射が強いということですので、まれに副作用や肌トラブルが起こる場合があります。
何がリスク?かというとレーザー脱毛や永久脱毛を謳って営業をしている悪徳サロンが極稀に存在ということです。
レーザー脱毛を行えるのは医療機関のみです。
国から永久脱毛として認定されている脱毛は医療機関でしか受けることが出来ません!
脱毛は医療行為とされます。
事前の診察やカウンセリングは今では当たり前ですので、診察無しでいきなり施術にはいるようなクリニックは避けましょう。

硬化症やシムのリスク

■その他のリスク■

レーザー脱毛のレーザーは「皮膚下数ミリに到達するように調整された特殊光」を用いて施術されます。
そのため、火傷が皮下に及ぶとされます。またそれが原因となって毛穴が色素沈着を起こしシミに繋がることがあります。
こうなってしまえば、元も子もありません。
ですが、根本的な原因は技術が未熟なクリニックで起こることが多いということです。
また他のリスクに「硬毛化」というのがあります。
毛が逆に太くなるとう現象で、わずかですが報告があります。
硬毛化は科学的にはっきりと解明されていないのですが、一説によると産毛に熱が集中せず、弱い熱により細胞が活性化されて一時的に毛が太くなるのでは?と考えられています。
硬化症は体質ですので医師やスタッフに相談して納得の上、契約に進みましょう。

まとめ

レーザー脱毛は広範囲一気に効率よく照射できるコスパ的にも大変すぐれた脱毛方法の一つです。
ですが、その分、施術を行う医師やスタッフの技術が求められることも確かです。
事前に自分の肌トラブルなどを理解しているなら、カウンセリングをうまく活用し、その不安に丁寧にアドバイスをもらえる医療機関を探すことが大切です。
無料カウンセリングや口コミ・ネットは充分に活用し、情報を収集した上で、比較の後検討してみてはいかがでしょうか。
大切なことは「医療レーザー脱毛は医療機関でしか行えない!」ということです。
先生やスタッフの対応、施術に使用される機械も最新のものか?自分で納得の上、契約するようにしましょう。
カウンセリングが疎かな所、いきなり施術にはいるクリニックなどは以ての外です。